ベストオブランス | Japonais

住所

Office de Tourisme du Grand Reims

(グランランス観光局)

6 rue Rockefeller

51725 Reims cedex

France

地図で見る

 

お問い合わせ

accueil@reims-tourisme.com

電話番号 +33.3.26.77.45.00

 

開館時間

月曜日~土曜日

09:00~19:00

日曜日と祝日

10:00~18:00

配布リスト

戴冠式の街を探検しましょう

ベストオブランス

1
ノートルダム大聖堂
ゴシック美術の至宝

街のどこへ行くにしても、ノートルダム大聖堂を通ります。その美しさは万人が認めるものです。そのため、この建築的至宝はユネスコ世界遺産に名を連ねています。

パリのノートルダム寺院よりも大きなランス大聖堂には、華麗な彫像が並んでいます。2303体の彫刻がファサードを彩ります。聖書からの主題、歴代の王のギャラリー、動物像、ガーゴイルなどガイドの話からは多くの発見があることでしょう。

2
トー宮殿
大聖堂の宝物

フランスの歴代国王が戴冠式のためにランスの地を訪れる時、王たちはここに数日ほど滞在しました。国王たちは、大聖堂の隣にある大司教の館、トー宮殿に滞在しました。また、そこでは戴冠式の後の祝典も行われていました。

 

1991年にユネスコ文化遺産へ登録され、宮殿は、大聖堂や戴冠式の歴史を語るコレクションが所蔵される博物館となりました。 

またはランス・シティパスを購入、
入場券が含まれています。 
3
サン=レミ旧大修道院
知られざる輝き

サン=レミ旧大修道院もユネスコ文化遺産に登録されています。見学はバジリカ教会堂と歴史博物館の2ヶ所に別れています。大聖堂から徒歩で20分ほどですが、これらの場所も訪れる価値は十分にあります。路線バスを使用すれば、5分もかからずに到着します。

壮麗なバジリカ教会堂です。ロマネスクとゴシック様式が混在する内部は、信仰生活が刻み込まれています。 

ベネディクト派修道院内部の部屋に置かれた豪華なコレクション。この博物館には、先史時代からルネサンスまでの人類の歴史が展示されています。 

またはランス・シティパスを購入、
博物館入館料およびタブレットによるオーディオガイドが含まれます。 
4
アール・デコ
ランス復活の姿

第一次世界大戦で、ランスは大きな被害を受けました。大戦中、街は絶え間なく爆撃を受けていました。大聖堂には火災が起き、住宅区はほぼ全域が破壊されました。 

よって、全て再建せねばならなかったのです。これにより、1920年代から30年代において、建築家たちは自由な発想で新しい街づくりに取りかかりました。

中心街には、独特の魅力を持つこの時代の建物が立ち並んでいます。 

またはランス・シティパスを購入、
タブレットによるオーディオガイド(アール・デコがテーマ)が含まれます。
 
5
ビスキュイ・ローズ
守られた伝統

バラ色と白いナパージュ。ランスのビスキュイ・ローズは、一際目を引きます。数世紀に渡りランス人の誇りであるビスキュイは、シャンパーニュのフルートグラスに添えたり、デザートやシャルロット、ヴェリーヌに使われたりと楽しみ方に限りがありません。

現在、フォシエ社はビスキュイの伝統を代表する存在です。この独特な色は、ただ単に香りづけのヴァニラの黒い粒を隠すためなのです。

またはランス・シティパスを購入、
フランス語での見学が含まれます。
6
ランスでのライフスタイル
味蕾の喜び

ガストロノミーは、ランス精神の一部を成すものです。街最大のマルシェが立つ、ブラングランのレ・アールから中心街のパヴェ通りまでは、よい店が並んでいます。 

ショコラティエ、レストラン、肉屋、フロマージュ屋…。ランスでは、多くの職人がフランスのガストロノミーをしっかりと体現しています。 

またはランス・シティパスを購入、
グルメ散歩(仏語/英語)を割引料金でご利用になれます。 
受け継がれた美妙
偉大なレストラン
7

ランス近郊には、ミシュラン星付きレストランが6件あります。ル・グラン・セールとドミニク・ジロドー(シェフ) ル・フォッシュとジャッキー・ルアーズ(シェフ) ル・ミレネールとそのシェフ ラシーヌと田中一行(シェフ) これらのレストランは、それぞれ1つ星を獲得しています。 

ドメーヌ・レ・クライエールのシェフ、フィリップ・ミルは2つ星シェフです。共に働き、固い絆で結ばれた地元の生産者の作物は、その料理でより洗練されたものになっています。

また、アシエット・シャンプノワーズのシェフ、アルノー・ラルモンは2014年に3つ目の星を獲得しました。その前の年には、ゴー・ミヨーで今年のシェフ賞に選ばれています。 

8
シャンパーニュ
ワインの王

これを待っていたのでしょう?シャンパーニュという、最も威信のあるワインを語らずしてランスは語れません。祝い事や勝利、そして共有の象徴であるシャンパーニュは、ランスではいつでも存在するものです。 

グラン・メゾンのカーヴから、モンターニュ・ド・ランスのブドウ畑の株まで、他ではできないような体験やシャンパーニュについて発見してみませんか?その歴史、醸造の秘密について学んだあとは楽しいデギュスタシオンが待っています。

そして・・・

1945年5月7日降伏博物館、フジタ礼拝堂、ランス美術館にランス・スタジアム・・・ご紹介したい見所がこれほどあるのです。

ランスで訪れたい場所をよりよく知るため、本サイト英語版をご覧ください。